読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memorandums

日々のメモです。

macOSでマウスを使わずにBluetoothを入り切りする方法

出張等でMBAを持ち歩いて充電する機会がなかなかない場合、バッテリーの使用量をセーブするため、Bluetoothを「切」にする癖があります。

そして、出張を終えて研究室に戻り、Bluetoothを「入」にするにはマウスを繋がなければならない。。。しかもBluetoothマウスを使っているので、わざわざ有線マウスを接続して「入」にしないといけない。。。これが面倒だったんですね。

今日、出張帰りだったこともあり、毎度の現象に出くわしてしまい、ごそごそやっていたんですね。

そしたらいい方法を見つけちゃいました。

■下ごしらえ

システム環境設定のキーボードを選択し、下記の「すべてのコントロール」を選択します。私はそうだったのですが、デフォルトでは「テキストボックスとリストのみ」が選択されていると思います。

f:id:ke_takahashi:20170306112936p:plain

■キーボードのみでBluetoothを「入」にする手順

(1)「Optionキー + F1」を押すと、ディスプレイの設定ダイアログが表示されると思います。表示されたときに、右上の検索窓にカーソル表示されていると思いますので、そこにblueと入力してください。

f:id:ke_takahashi:20170306113435p:plain

(2)検索窓下に候補が出てきますので、カーソルキーでbluetoothを選択しエンターキーを押します。

f:id:ke_takahashi:20170306113558p:plain

(3)最後にTABキーを1回押すと「Bluetoothを入にする」ボタンにカーソルが移動するので、そこでスペースキーを押します。

f:id:ke_takahashi:20170306113830p:plain

これを調べ終えたあとで、そういえば。。。以前も同じようなエントリーを書いたようなと探してみるとありました。。。まぁ、こっちの方が私にとっては直感的なのでいけそうです。コマンド名を覚える必要もないですしね。

memorandums.hatenablog.com

では。

東京出張・番外編

学会3日目、今日ですが、私のミスが原因で大変なことになりました。

以下、帰りの飛行機でEvernoteに書いたものです。時間があればお付き合いください。



2泊したホテルをチェックアウトし、電車を乗り継ぎ中野駅についた。中野は人生初だと思う。昨日は必要以上に早くホテルを出てしまい強烈な満員電車を体験したので、今日は意識的にゆっくり出発したのだった。

天気はよく、土曜日ということもあり、ビルの隙間にある奇麗に整備された広場で親子連れがピクニックを楽しんでいた。5分ほど歩いて○○大学に着いた。関東の私立の名門大学だ。

今日で学会は3日目。最終日だった。真新しいビルの4階から6階で研究成果のデモが行われている。1フロアーに20ほどの教室があり、中が見えるように一部の壁がガラス張りになっている。ほんと羨ましいくらい近代的な建物だ。

3日分の着替えと発表用のmacbook2枚の入った超重たいリュックを背負い、ポスターケースを小脇に抱えてエレベータに乗った。まず、6階まで上がった。スナックとコーヒーがあるからだ。コーヒーを飲みながら各ブースを巡回し始めた。今日は一般来場者にも公開されているので、3日間の中でもっとも人が多い。

学会も3日目ともなると疲労が蓄積し、正直なところ巡回するのが億劫になるのだけど、発表者と話し始めるとそんなことも忘れてしまう。発表者のほとんどは学生で、当たり前だけど若い。男性も女性も理系ならではのいかにも賢そうな話し方をする。中には普段はあまり喋らないんじゃないかな?と思うような大人しそうな学生さんも熱心に会話してる。長い間かけて作りたげてきた作品や研究成果を誇らしげにアピールするのだ。そう、オタクは専門的な話題では饒舌になる。普段とのギャップがとても新鮮なのだ。

デモを見始めたのは12時30分。今日も刺激的なアイデアをたくさん見た。あっという間に時間は過ぎさり、腕時計に目をやると15時になろうとしていた。その表示を見たとき何やら嫌な感覚が私を襲った。「あれ?飛行機って何時だっけ?」。

帰りはスカイマークだった。予約完了メールを確認すると羽田16時10分発。やばい。。。すぐさまスマホに入れてあったYahoo!乗換案内アプリをタップして電車を調べた。空港到着は15時55分。確か20分前までにチェックインしないと乗れないはず。。。

一番最初に頭をよぎったのは、今朝、娘達にお願いされたお土産のことだった。羽田空港限定のパステルデザートのカスタードプリンロールだった。いやいや、そんなことはどーでもいい。このままならそもそも乗れないじゃないか。

羽田空港セレクション/商品詳細 カスタードプリンロール

重いリュックを背負い、今となっては邪魔でしかたないポスターケースを抱えながら、とにかく小走りに中野駅に向かった。不幸中の幸いだろうか。ランニングシューズだった。信号待ちでは、スマホのアプリで路線検索し、もっと早く空港に到着できる手段がないだろうかと探したが、これ以上に早くつける手段は見つからなかった。万策つきた。。。SHIROBAKOか。。。

品川につき京急のホームに行ったときにトイレに行きたくなった。階段を降りた階下にあるらしい。とりあえずトイレを済ませてふとタクシーが見えたので反射的に外にでてタクシーに乗ろうとした。間に合わないときにはタクシーが一番と。ただ、ネットでは「品川から空港まで24分かかる」と書いてあった。そのとき15時28分くらい。京急で行くのと大きな差はない。。。乗る寸前にやめた。これは正解だったと思う。

急いでホームに戻り、羽田空港行きの快速特急を待った。その間にプリントアウトしたチケットをリュックから取り出してスカイマークに電話した。なんか対応してもらえないのか。。。と。こういうときは音声ガイダンスがまどろっこしい。しかも、混雑していて繋がらない。2、3回リダイヤルしているうちに電車が来てしまった。それなりに人がいるのでここでは電話はできない。

少しでも早くチェックインするために車両を移動しようと思った。ネットで調べるとスカイマークJALと同じく電車後方らしい。ガタイのいい外国人が巨大なスーツケースを並べて通路を塞いでいた。どこの国の人かわからないけどとにかく「エクスキューズミー、エクスキューズミー」と連呼して、何とか最後尾にたどり着いた。運良く最後尾には人が少なく座ることができた。とにかく電話をしないとと思い、スカイマークに何度かリダイヤルしたらやっと繫がった。

状況を話すと「20分前に到着しないと乗れない」と言われた。当然だ。。。とにかくカウンターに話を通しておくから空港についたらカウンターに来いと言われた。私の旅券はバーゲンなので返金はないとのことだった。また、その便に乗れなかった場合には後発便に空席があった場合、普通料金の差額で乗れることも教えてくれた。

そうこうしているうちに15時48分になり羽田空港に到着した。日本の電車はほんと時間に正確だ。運転手さんの気まぐれで1分くらい早くついてくれてもいいじゃないか。。。とわけのわからないことを考えていた。

そこから走った。

エスカレータを駆け上がった。

幸い列をなしてなかったので、よいことではないのだけど、駆け上がることができた。神様に感謝。

京急の改札を走り抜け、ながーいエスカレータへ進んだ。出発ロビーは2階。走る体力はもう残っていなかったけど何とか駆け上がっていった。「スカイマークのカウンターは?」。目に入ってくるのは日本航空の赤色だけ。万事休す。ここで選択を間違えると致命的なロスになる。目を凝らしているとやっと黄色いカウンターが見えてきた。

遠い。。。

絶望的な距離だった。考える余裕もなくとにかく走った。スカイマークのカウンターにつくと、そこでは誰かが待機してくれているものと、自分勝手な想像をしていたのだけど全然そんな風はなかった。手が空いている人がいない。搭乗券の発行のカウンターに行ったり、団体受付のカウンターに行ったり、みんな手が塞がっている。。。どうすりゃいいんだぁ。。。

とにかくここで諦めてはいられない。しつこく(かつ丁寧に)呼びかけて、やっと一人の女性が対応してくれた。「さきほど電話された方ですね?」とすぐ旅券を発行してくれた。すべて終わったときは15時52分くらい。なんとかなる。。。慌てて保安検査場を抜けていこうとすると。ピンポーン。。。orz そうだ、リュックにはmacbookが2枚も入っていたんだ。。。macbookを取り出して再検査して通過。そこから19番ゲートまでは200mくらい。もう。。。無理というくらい走ってついたらちょうど搭乗中だった。。。

そう。何とか間に合ったのだった。

汗ダラダラ。

ありがとう。19便。

f:id:ke_takahashi:20170304181650j:plain



教訓:都内から空港まで1時間以上はかかる。20分前につくことを考えると1時間半から2時間前には移動を開始しないと今回みたいなことになる。


疲れた。ねよ。

東京出張

3月2日から4日まで東京出張でした。今年度の旅費は使い切ってしまったので、全部、自腹でした。。。orz

航空券は格安を12月のうちに買ってたのですが、発表日時にはつけないことが判明し。。。チケットをキャンセル&買い直して。。。散々なスタートでした。

写真で振り返ります。

まず3月2日の朝飯。朝5時起きだったので空港で食べました。これで750円。どーですか?ちょっと寂しいですよねぇ。

f:id:ke_takahashi:20170302061421j:plain

行きは直前に買い直したスターフライヤー便。初でした。なかなか快適でした。仕事しながら行ったのですが、ビデオも豊富でいい感じでした。今度もスターフライヤーにしようと思います。さすが顧客満足度8年連続1位。うなずけます。

会場は明大中野キャンパス。カッコいいっす。

f:id:ke_takahashi:20170302100447j:plain

で、大ホールがこんな感じ。

f:id:ke_takahashi:20170302104619j:plain

ささっとデモの準備をしてからお昼。

建物がおしゃれなので学食も?と思ったのですが意外と中身で勝負な感じですね。

f:id:ke_takahashi:20170302120411j:plain

f:id:ke_takahashi:20170302120456j:plain

いいなと思ったのはこのスピード席。うちの学食も混んで問題になっていました。スピード席っていいですね。ネーミングも。ぼっち席ではない。

f:id:ke_takahashi:20170302120453j:plain

食事も終わりデモまでブラついていると移動カーのうまそうな弁当が。。。失敗したな。。。と。

f:id:ke_takahashi:20170302121735j:plain

で、デモはこんな感じです。ちなみに前日深夜に集計プログラムに初期化漏れがあることがわかってしまい。。。ポスターを再印刷しレジュメを刷って当日配布した感じです。気づかなかった。。。ごめんなさい。

f:id:ke_takahashi:20170302150919j:plain

寂しい感じですが、来場者はかなりいらっしゃいました。ありがたいです。議論もたくさんさせてもらいました。

1日目は少し早めに上がりました。ちなみに宿泊は南千住。

f:id:ke_takahashi:20170302170725j:plain

上に書いた通りでしたので、できるだけ安く済ませたいと思い節約しました。ここいくらだと思います?1泊3000円。カプセルみたいな値段でしょう?浴室・トイレが共同です。なんか昔の寮みたいで懐かしい感じでした。いずれも綺麗でした。ただ、シーツが交換されていないみたいで。。。そういうのが嫌な人には向かないと思いますね。

格安で快適に宿泊できるホテル | パレスジャパン

夜はいつもの寄席に。

なんかこの日は変でしたね。。。これまで5回くらいは来たことがあると思いますが、いつももっと落語をよく知った感じの人が噺家さんを盛り上げるもの上手だったように思いますが、この日は全然笑わない。林家ペーさんが出てきたときには「堅苦しいシンポジウムじゃないんだから笑いましょう」という始末。でもさすがベテラン。笑いがたくさんおこりました。とりは三遊亭歌之介師匠でした。圧巻でした。

f:id:ke_takahashi:20170302175644j:plain

雷門もみてホテルに帰りました。

f:id:ke_takahashi:20170302210955j:plain

その前に腹がへったのでラーメンを食べて帰りました。この古びた感じいいですね。ごまラーメンうまかった。

f:id:ke_takahashi:20170302213217j:plain

f:id:ke_takahashi:20170302213010j:plain

今回の学会で一番衝撃的だった作品が以下です。

「流動床インタフェース:液体のようにふるまう砂を用いたインタラクションシステム」です。

1:24:27くらいから概要発表をされています。作って見たいですね。。。

www.youtube.com

概要説明が終わったらランチの時間。昨日のリベンジ。焼肉うまかった。。。

f:id:ke_takahashi:20170303114853j:plain

f:id:ke_takahashi:20170303115224j:plain

その晩は学生時代の後輩と飲み会。卒業して以来会ってない人もいたので懐かしいやら。20年以上会っていないことになりますが。。。楽しかった。

ホテルに帰った記憶もあまりないなか。。。とりあえず朝、7時に起きてシャワー浴びてチェックアウトしました。

東京に来たらやはり秋葉原に寄らずには帰れないので。。。少しブラついてから学会会場にいきました。

このあと、バタバタがあったのですが、その辺は番外編を書きます。

SMSが送れなくて困った件

学生時代の同じ研究室の後輩と年賀状のやりとりをしてきました。

卒業以来会っていないので20年以上は会っていないことになります。

今週末、学会で東京出張するのでひさしぶりに会ってみたいな。。。と思い連絡してみることにしました。

といっても年賀状には住所と自宅の番号のみ。(電話すればいいんでしょうけどね。。。20年も経っているのでちょっと戸惑いがありの)

何気なくぐぐってみるとAmazonで出品者をしたことがあるらしく住所をみるとビンゴでした。そこに電話番号の記載がありました。

ものは試しとSMSを送ってみたんですね。。。そしたら返信がありOKとのことでした。

そのあと、詳しい連絡を送ったのですが「送信できませんでした」の連続。。。

電波状況かな。。。と思い、再送をタップするものの「送信できませんでした」。

それでも、たまに送れたりするんですね。。。でも肝心なことが送れず困っていました。

今朝、嫁さんに話してみると「文字数制限にひっかかってるんじゃない?」と。

そういえば。。。ショートメッセージって文字数制限があったんだ。



短くして送ってみるとサクサク送れました。

ここ10年近くSMSを真面目に使ったことがなかったので忘れていました。。。

しかも「OCNモバイル SMSが送れない」でぐぐると「契約」とか「SIMの設定」とか「センター設定」とか「文字数制限」のことにはまったく触れられていませんでした。OCNモバイルのサイトにも文字数制限のことは明示されていません。

外部の方のサイトに以下のようにまとめられていました。全角70文字以内

xinroom.net

使う機会は少ないとは思いますが、一応、頭にいれておきましょう。

とりあえず会えることになったし。楽しみ楽しみ。

Amazonのアカウントを2段階認証に設定した

例の件がありました。

これで知ったことは個人は無力だということです。

自分の身は、いや、自分のアカウントは自分で守らなければならないわけです。

「電話番号」「SMS」「SNSの各種アカウント名」 それぞれ、インターネットで全世界が繋がっています。

自分がブロック設定していない限り、いつでも、どこからでもアクセス可能なんですね。

当然のことですが、今回の件を体験してみてよくわかりました。

私の持論。「人間、痛い思いをしなければわからない」です。

人間というのは言い過ぎですね。僕自身の問題です。

Amazonのアカウントが2段階認証に対応した、というニュースが数日前に流れました。今まで問題なく使えていたし面倒になるのもな。。。と思っていましたが、設定しました。

Amazon.co.jp ヘルプ: 2段階認証を有効にする

Amazonの2段階認証は他とちょっと違っていて、初回登録時に2つの手段を設定する必要があります。よくある携帯電話へSMSか音声を送るやつと、あとはGoogle認証アプリで生成したコードを入力するやつです。

最初、携帯電話の方を設定したのですがSMSが全然送られてこなくて。。。しかたがなくGoogle認証アプリを先に設定しました。すると。。。SMSも来るようになったので。。。よくわかりませんが。

とりあえず設定完了です。

ここでもちょっと思ったのですが、2段階認証を設定するときに、当然ですが、電話番号を入力しますよね?このときに、間違って入力すると、その間違った人へSMSもしくは音声が送られます。まさに私が経験した件です。

これってありそうですし、そもそも喰い止めようがないので頻発しているのではないかと思うのですが。。。どうなんでしょうね?統計データがあるのでしょうか?

最後に言いたかったことは、間違いの登録情報が送られてくる(1もしくは2段階認証を設定しているサービスでは登録完了の連絡がいきなりくることはないですが)可能性は誰にでもあるわけです。

そのときに、無いとは思いますが、考えなしにポチってしまうと。。。アウトです。

気をつけましょう。

GarageBand'11で追加コンテンツのインストールがいつまでも繰り返される問題について

たまにMacMIDIキーボードをつないで遊ぶのですがそのときの音源にMacに(たぶん)プリインストールされていたGarageBandを利用しています。

f:id:ke_takahashi:20170220145749p:plain

ピアノ音源は1つしかインストールされていないようで、以下の赤丸のところをクリックするとApp Storeでの追加インストールが開始します。

f:id:ke_takahashi:20170220145832p:plain

1.2GBくらいあるのでいつも放っておいていたのですが、他の作業をしてしまい、正常完了したか確認していませんでした。

その後、App Storeを立ち上げるたびに、GarageBandの音源インストールが始まり、放っておくといつのまにか消えて、またパソコンを立ち上げるとインストールが始まる、ということを繰り返していました。

今日、時間があったので様子をよく見て見ると1.2GBをダウンロードしたあとにパッケージのインストールでコケていたんですね。。。知らなかった。

で、いつものようにこのエラーメッセージでぐぐってみるといくつか議論のあとがありました。

https://discussionsjapan.apple.com/thread/10179020

GarageBand6.0.5/MacOS (バンドル版)アップデータ不具合に関して | mixiユーザー(id:6901614)の日記

で、セーフブートするのは面倒だったので、もう少し調べてみると以下の書き込みが。

https://discussions.apple.com/thread/7717165?start=0&tstart=0

「直接pkgファイルをダウンロードして展開するとうまくいきますよ」というがビンゴでした。

実際にやってみるとうまくインストールできました。感謝です。

パッケージダウンロードURLはこちらです。

JSPORTSオンデマンド(不明な会員登録完了と商品購入完了メールが届いた)

今朝、家族と朝食したあと、調べ物をするためにパソコンを開いたら以下のようなメールがきていました。
以下のメール(gmail)の氏名とアドレスは間違いなく私のものです。


f:id:ke_takahashi:20170218120352p:plain

しかも、コンテンツ買ってるし。。。オイオイ。。。

f:id:ke_takahashi:20170218120401p:plain

また釣りメールだと思ってJSPORTSが怪しい業者か?またドメインや書き込み情報がないか調べてみましたがありません。。。あれ?いつもと違う。こりゃなりすましか?と。

とりあえず、あわててJSPORTSのCSに電話したら。。。オンデマンドは窓口もオンラインなんだとか。。。問い合わせフォームに入力するのとあわせて、メールに「このメールにお心当たりがない場合は、お手数ですが下記までお問い合わせください。」と書かれていましたので上記の会員登録完了のお知らせメールの返信として、書かれていた問い合わせアドレスに必要事項を確認して送りました。休日は対応していないらしく(オンラインのくせに。。。)、月曜日以降の返信を待つことにします。

とりあえず不安なので。。。色々調べました。

メールアドレス(gmailの仕様)の問題があることがわかりました。誤って届く可能性があることを知りました。

ただ、解せません。gmailはログインするとアクティビティの記録でわかりますし、2段階認証していますがスマホには形跡はありません。不正にせよ正常にせよ、どう間違えたらこういう結果になるのか?

一番、心配だったカード明細を確認しようとしましたが、集計中らしく確認できませんでした。

で、間違う経路を考えたときに、JSPORTSオンデマンドの会員登録のときに本人確認していない説が浮上したわけです。

よくありますよね?会員情報を入力するときにメールアドレスを入力して、確認のためもう一回入力させて。。。と。イマドキのサービスであれば、このあとに必ず本人のメールアドレスかどうか確認するためにメールが送られてメール本文のリンクを押したら登録完了となるはずですが。。。それをしていない可能性です。

実際にJSPORTSのサイトでダミーのアカウントを作って(既に消しています)みました。結果、確かに、メールアドレスが本人のものかチェックしてませんでした

つまり、性善説で考えると、こうです。

僕と同姓同名の人が、今朝、JSPORTSオンデマンドで会員登録をし、そのときに入力したメールアドレスが何かの間違いで僕のメールアドレスを入力してしまった(恐らく、上記のgmailの仕様に関係ある間違い方をしたのだと思います)。

そのあと、会員登録完了のメールが僕のところに送られて来て、当のご本人はそのメールはみずにJSPORTSオンデマンドのサイトに会員登録したIDとパスワードでログインし、コンテンツを購入した。この購入するときにカード情報を入力しますので、恐らく、この間違えた方が所有するカードで購入されたのだと想像します。

以上、走り書きですが、今朝の事件について、調査したこと、想像したことです。

月曜日以降のJSPORTSさんの調査結果を待ちたいと思います。

私からの提案は、会員登録のプロセスの中にメールアドレスの本人確認処理を入れなさい、ということです。

気軽に会員登録して利用させたい、というアイデアなのかもしれませんし、まぁ、間違ってもカード情報が流れるわけでもないから大きな損害は出ないと判断したのかもしれません。

でも。。。おかしいですよね?

僕のメールアドレスではこのサービスはもう利用できないんですよ。。。甘い。

■2017/2/23追記

2/22にJSPORTSオンデマンドから連絡がありました。事件発生から5日経ってのことです。ただ、これは僕にもミスがあり、JSPORTSの問い合わせには2種類のフォームがありそのため実際に連絡を送ったのは2/20のことです。

f:id:ke_takahashi:20170223223033p:plain

そして先ほど(2/23)に以下の最終調査結果のお知らせがありました。

f:id:ke_takahashi:20170223224452p:plain

私としては、とにかく、自分のカードの不正使用があったのかなかったのかが知りたかった(カード会社の明細には記録されていなかったので大丈夫とは思いましたが)、そこに尽きます。

そしてJSPORTSオンデマンドの調査の結果、会員登録した人は同性同名で、どういうわかか私のメールアドレスを入力してしまいこのような事態になりました。たぶん、当の本人は知るよしもない状況と思います。

最後のメールによると、JSPORTSオンデマンドとしては、この会員の解約及び退会処理をするという判断のようです。それを私に確認しているのが非常に不思議な感じですが、JSPORTSオンデマンドとしては、その間違って登録されたメールアドレスしかわからないため本人に確認する術を持たないためと思われます。たぶん、そういうことが勝手にできるようにルール化(そして本人確認も済んでいる)しているのでしょう。

私からの返信はこうです。単純に調査していただいたことに感謝すること、そして、実害はないにしても精神的に不安にさせられた被害者として、再発防止をお願いする文言を入れました。これをどうとろうとJSPORTSオンデマンドの勝手です。

f:id:ke_takahashi:20170223224035p:plain

なんか腑に落ちない終わり方ですが、私としては、とにかく安心できてよかったです。そのことについては純粋に感謝する次第です。